洗練された演奏会のチラシデザインのテンプレート

Pocket
LINEで送る

tem0121

赤い色をベースに重なり合う写真が奥行きをうむことで、非常に洗練された格好いいデザインのテンプレートです。
クラシックからjazz、ダンスの発表会まで幅広くお使いいただくことができます。

お写真無しでも承りますので、お気軽にお申し付けください。

テンプレート番号:0121


上記テンプレートを注文する場合は下記フォームにご入力ください。
後ほど、お見積りとチラシ掲載内容のお伺いを当店よりメール送信させていただきます。

■チラシ印刷部数(100枚から)

地図について →
※【地図掲載希望(地図データあり)】支給いただく地図データの解像度が低い場合は、きれいに印刷できません。

■チケット印刷部数

■ポスター サイズ 印刷部数

■パンフレット ページ数 印刷部数

■お名前 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号 (必須)

■郵便番号:※半角入力で住所を自動入力

■都道府県:

■住所:

■番地・建物名など:

■お問合せがあればご記入ください

■以前に当店をご利用いただいた方はチェックをお願いします
※優先的に対応させていただきます
二回目以上の利用です

デザインにおける余白

世の中には多種多様なデザインのチラシやポスター画像が溢れています。
演奏会やコンサートのチラシひとつ取っても、可愛い・格好いい・爽やか・上品・・・と色々デザインがありますよね。
デザインを注意深く見ていると、色々感想が出てくるかと思います。
その中の一つが今回のテーマ「余白」です。

「この広告のデザイン、なぜこんなに余白があいてるのだろう?」
と思ったことはありませんか?
シンプルすぎて物足りない、余白スペースがあるならもっと情報を詰め込んだらいいのに・・とついつい意見をしてしまいそうになる時もあるかもしれません。

ところがその余白、実は意図的に考え抜かれて配置されたものなのです。
無駄なスペースではないんですね。
そして、その余白をどの程度の割合で、どこに配置するのかというのがとても難しく重要なのです。
ちなみに余白とは「ホワイトスペース(白場)」とも呼ばれ、「白色」に限らず残されている空白(blank)のことを指します。

例えば、高級ブランドなどのデザインではふんだんに余白を利用します。
それにより高級感・洗練された様子や優雅さを演出することができます。
高価なものを取り扱う広告やポスターはこのタイプのデザインが多いかと思います。

逆に大衆向け(例えばスーパーのチラシ)のデザインで、たっぷりの余白は不必要なものになります。
余白を使って他の要素が成立するようにする為には、余白の扱い方がデザインをする際の大きなポイントとなります。