女性らしい柔らかな雰囲気のチラシデザインのテンプレート

Pocket
LINEで送る

tem0124

落ち着いたピンクやローズカラーが混ざりあった女性らしい柔らかな雰囲気のデザインテンプレートです。
冬の演奏会やクリスマスコンサートにピッタリのデザインでおすすめです。

お写真も掲載可能ですので、お気軽にお申し付けください。

テンプレート番号:0124


上記テンプレートを注文する場合は下記フォームにご入力ください。
後ほど、お見積りとチラシ掲載内容のお伺いを当店よりメール送信させていただきます。

■チラシ印刷部数(100枚から)

地図について →
※【地図掲載希望(地図データあり)】支給いただく地図データの解像度が低い場合は、きれいに印刷できません。

■チケット印刷部数

■ポスター サイズ 印刷部数

■パンフレット ページ数 印刷部数

■お名前 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号 (必須)

■郵便番号:※半角入力で住所を自動入力

■都道府県:

■住所:

■番地・建物名など:

■お問合せがあればご記入ください

■以前に当店をご利用いただいた方はチェックをお願いします
※優先的に対応させていただきます
二回目以上の利用です

トーク術

演奏会やコンサートといえば、音楽だけを演奏して終わるものも多いかと思いますが、演奏の合間合間にお話をされる方も多いのではないでしょうか。
または、お客さんと交流をもつためにお話をしたいけれど、何を話せばいいのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

演奏会やコンサートの形式によっては余計なおしゃべりは必要ないかもしれませんが、アットホームな演奏会やコンサートならば少しお話があった方がお客さんとの距離が縮まっていいかもしれません。

そこで、場を盛り上げる話し方について考えてみたいと思います。
かといっても、何も笑わす必要はないのです。
一般の人が芸能人みたいに上手にお話するのはなかなか難しいです。
今回はごあいさつ程度お話の仕方についてです。

一番は、何は無くとも「笑顔」!これに尽きます。
微笑みではなく笑顔です。
演奏会やコンサートの場合、そんなに広い会場でなくても演奏者の顔はなかなか見えにくいです。
白い歯を見せて笑顔をアピールしてください。
笑顔はご本人の緊張だけでなく、お客さんの緊張もほぐしてくれるパワーがあります。

また、一方的な会話にならないよう、お客さんにも話を振ってみましょう。
「どちらからいらっしゃいましたか?」とか「楽しんで頂けましたか?」などで構いません。
近くのお客さんなら反応してくれるでしょう。
コミュニケーションをとってお客さんとの距離を縮めましょう。

そして笑うときは、声を出して笑ってみてください。
お客さんとのやりとりで楽しいことがあったり、反応が良ければ是非声を出してください。
笑い声は笑い声を誘います。

ぜひお客さんとのやり取りで、あたたかい演奏会やコンサートにしてください。