キラキラしたコンサートチラシデザインのテンプレート

Pocket
LINEで送る

tem0127

星のキラキラが印象的なデザインテンプレートです。
品のあるピンク系の色目を基に、明るめのピンクを被せたグラデーションがキレイなデザインでオススメです。
冬の演奏会やクリスマスコンサートにもぴったりです。

お写真無しでも対応させて頂きますので、お気軽にお申し付けください。

テンプレート番号:0127


上記テンプレートを注文する場合は下記フォームにご入力ください。
後ほど、お見積りとチラシ掲載内容のお伺いを当店よりメール送信させていただきます。

■チラシ印刷部数(100枚から)

地図について →
※【地図掲載希望(地図データあり)】支給いただく地図データの解像度が低い場合は、きれいに印刷できません。

■チケット印刷部数

■ポスター サイズ 印刷部数

■パンフレット ページ数 印刷部数

■お名前 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号 (必須)

■郵便番号:※半角入力で住所を自動入力

■都道府県:

■住所:

■番地・建物名など:

■お問合せがあればご記入ください

■以前に当店をご利用いただいた方はチェックをお願いします
※優先的に対応させていただきます
二回目以上の利用です

個性の時代

Wikipediaによれば個性とは「個人や個体の持つ、それ特有の性質・特徴」とあります。
少し前までは、みんな一緒で横並びであることが良しとされ、個性的であることはしばしば敬遠されました。

しかし、だんだんと時代は集団より個性の時代へと変化しています。
現に商売ひとつとっても、まわりと同じものを売っていたのでは売れなくなりました。
個性がなかれば売れないのです。
更にいうと、入試や入社試験の面接で「あなたの個性は何ですか?」と聞かれることもあるらしいです。
一昔前では考えられないですよね。
みんなと一緒であるという縛りが緩和され自由が与えられた分、自分で考えて自分をプロデュースしなければならなくなりました。

演奏会やコンサートでも同じことが言えるかと思います。
まわりと同じ曲を演奏し、同じ演出をしていたのではなかなか集客も難しいのではないでしょうか。
「あの人(楽団)の演奏会(コンサート)に行きたい・行く必要がある」と思ってもらうには、あなたの(楽団の)個性が必要です。

個性なんていってしまうと、少し難しいかもしれませんが、実はカンタンなんです。
なぜなら、あなたという人はこの世で一人しかいません。楽団にしてもそうです。
その時点で個性は成立しているのです。
あなたの得意なこと、好きなこと、趣味趣向、考えをどんどん出していけばOKです。
例えば、ゲームが好きな人は、演奏曲にゲームのBGMを取り入れたり、手芸が得意な人は会場の入り口に作品を置いてお客さんをお迎えしてみてはいかがですか。
それだけで立派な「あなただけの演奏会」になります。

自分の好きを発信するということは自分が楽しめるということです。
自分が楽しめないとお客さんを楽しませることはまず出来ませんし、また来たいと思ってもらえません。
逆に、お客さんを楽しませるには、まず自分自身が楽しみましょう。

ぜひご自分の個性を探し出してみてください。