トナカイ親子のクリスマスコンサートチラシデザインのテンプレート

Pocket
LINEで送る

tem0140

降りしきる雪の中で仲良く寄り添うトナカイ親子のデザインテンプレートです。
シンプルでスタイリッシュな色づかいが印象的です。

ご希望によりお写真も掲載出来ますので、お気軽にお申し付けください。

テンプレート番号:0140


上記テンプレートを注文する場合は下記フォームにご入力ください。
後ほど、お見積りとチラシ掲載内容のお伺いを当店よりメール送信させていただきます。

■チラシ印刷部数(100枚から)

地図について →
※【地図掲載希望(地図データあり)】支給いただく地図データの解像度が低い場合は、きれいに印刷できません。

■チケット印刷部数

■ポスター サイズ 印刷部数

■パンフレット ページ数 印刷部数

■お名前 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号 (必須)

■郵便番号:※半角入力で住所を自動入力

■都道府県:

■住所:

■番地・建物名など:

■お問合せがあればご記入ください

■以前に当店をご利用いただいた方はチェックをお願いします
※優先的に対応させていただきます
二回目以上の利用です

トナカイの秘密

クリスマスといえば、サンタクロースにお供のトナカイが定番ですよね。
サンタクロースの由来は諸説あるそうですが、トナカイはアメリカの児童文学で登場したのが始まりだそうです。

8頭で登場したトナカイたちですが、実はそれぞれ「ダッシャー、ダンサー、プランサー、ヴィクセン、コメット、キューピッド、ドナー、ブリッツェン」という名前と性別がそれぞれ決まっています。
そして、名前にも意味があります。
・ダッシャー(オス)…突進者
・ダンサー(メス)…ダンサー
・プランサー(メス)…威勢のいい
・ヴィクセン(メス)…口やかましい女性
・コメット(オス)…彗星
・キューピッド(オス)…キューピッド(ビーナスの子)
・ドナー(オス)…雷鳴
・ブリッツェン(オス)…稲妻
ちなみに、そりを引く順番も決まっているそうです。
きっとそれぞれの性格に応じた役割があるのでしょうね。
「ダッシャー」は突進者といういくらいですから、もちろん先頭です。
日本では犬ぞりを想像すると分かりやすいのではないでしょうか。

ところで、みなさんは「ルドルフ」という名前を聞いたことがありますか。
絵本や歌など、クリスマスに登場するトナカイには「ルドルフ」という名前がついていることが多いんです。
理由はあの有名な『 赤鼻のトナカイ 』だから。
英語のタイトルは『Rudolph the Red-Nosed Reindeer 』です。

このルドルフくんは、8頭のトナカイとは違うお話で登場した9頭目のトナカイ。
最後に入ったトナカイが一番の有名トナカイになったみたいです。(諸説あり)

これからはクリスマスの主役であるサンタさんだけでなく、是非トナカイさんにも注目してみてください。