ポップなドットのチラシデザインのテンプレート

Pocket
LINEで送る

tem0145

カラフルなドットがポップで鮮やかなデザインテンプレートです。
カジュアルな演奏会から発表会まで幅広くお使い頂けます。

文字・書体の変更が可能ですので、お気軽にお問合せください。
ご希望によりお写真の掲載も可能です。

テンプレート番号:0145


上記テンプレートを注文する場合は下記フォームにご入力ください。
後ほど、お見積りとチラシ掲載内容のお伺いを当店よりメール送信させていただきます。

■チラシ印刷部数(100枚から)

地図について →
※【地図掲載希望(地図データあり)】支給いただく地図データの解像度が低い場合は、きれいに印刷できません。

■チケット印刷部数

■ポスター サイズ 印刷部数

■パンフレット ページ数 印刷部数

■お名前 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号 (必須)

■郵便番号:※半角入力で住所を自動入力

■都道府県:

■住所:

■番地・建物名など:

■お問合せがあればご記入ください

■以前に当店をご利用いただいた方はチェックをお願いします
※優先的に対応させていただきます
二回目以上の利用です

言語・非言語コミュニケーション

コミュニケーションには、言葉を使った「バーバルコミュニケーション」と言葉を使わない(非言語)「ノンバーバルコミュニケーション」があります。
バーバルコミュニケーションは、会話だけでなく手話や印刷物なども含みます。
これに対し、ノンバーバルコミュニケーションとは言葉以外を使ったコミュニケーションです。
たとえば、身振り・手振り、視線、表情、姿勢などのボディランゲージなどがこれにあたります。
意外なところでは、声のトーンや服装・髪型にまで及ぶそうです。

アメリカ人のアルバート・メラビアンという心理学者が、言語・非言語コミュニケーションについて調査をしました。
その結果、ノンバーバルコミュニケーションで話し手の印象が93%決まってしまうという結果が出たそうです。
言語を使ったコミュニケーションは7%です。
コミュニケーションというと「話す」のがメインかと思いきや、そうではなかったのです。

これを知っていれば、話すのが苦手な方もコミュニケーションを取りやすくなるかもしれません。
自分が無理に話さなくとも視線・表情・姿勢に気を配って相手の話を聞くだけで「聞き上手」になれます。
聞き上手はコミュニケーションの要です。

演奏会やコンサートでも、お客さんとのコミュニケーションに不安を抱えておられる方も多いのではないでしょうか。
お客さんとの心の距離は、演奏会の雰囲気にも影響するかと思います。
そんな時は、ノンバーバルコミュニケーションを駆使されてはいかがでしょうか。
多くを話さなくても、笑顔と明るい声でお客さんと視線を合わせてアイコンタクトをとるだけで、グッと距離が縮まるかもしれません。