楽聖 -ベートーベン-のチラシデザインのテンプレート

Pocket
LINEで送る

tem0158

楽聖 -ベートーベン-をモチーフとしたテンプレートです。
黒色を基調とした重厚感と高級感のあるデザインです。
オーケストラのコンサートにも、個人でのクラシックな演奏会・リサイタルにもおすすめのデザインです。

テンプレートはベートーベンですが、ご要望によりドヴォルザークやチャイコフスキー・ワーグナーなどに変更が可能ですし、モノクロのベートーベンをカラーにすることも出来ます。
また、書体や色の変更やお写真の掲載なども可能ですのでお気軽にお問合せください。

テンプレート番号:0158


上記テンプレートを注文する場合は下記フォームにご入力ください。
後ほど、お見積りとチラシ掲載内容のお伺いを当店よりメール送信させていただきます。

■チラシ印刷部数(100枚から)

地図について →
※【地図掲載希望(地図データあり)】支給いただく地図データの解像度が低い場合は、きれいに印刷できません。

■チケット印刷部数

■ポスター サイズ 印刷部数

■パンフレット ページ数 印刷部数

■お名前 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号 (必須)

■郵便番号:※半角入力で住所を自動入力

■都道府県:

■住所:

■番地・建物名など:

■お問合せがあればご記入ください

■以前に当店をご利用いただいた方はチェックをお願いします
※優先的に対応させていただきます
二回目以上の利用です

あいまいな表現を避ける

「あれお願い」「たぶん大丈夫」「例の件よろしく」「検討します」「たくさんあります」「少しの時間待って」・・・
日常でよく耳にするこれらの会話。
これらは、全てあいまいな表現です。

曖昧(あいまい)とは、1つの表現や文字列、項目などが2つ以上の意味にとれること、もしくは、周辺が不明瞭なことである。

Wikipedia-曖昧

自分の思っていたことが、相手に伝わっていなかったという経験は誰にでもありますよね。
その原因の一つに、あいまいさが関係していることが多々あります。

ビジネスの場では、なるべくあいまいな表現は避けるようにしましょう。

「あれ」「これ」「それ」といった指示詞(こそあど言葉)が具体性に欠けるのは分かりやすいかと思いますが、思いの他あいまになりやすいのが「数量や時間」に関する説明です。
文頭に述べた「たくさんあります」や「少しの時間待って」が例です。

「たくさん」や「少し」は人によって感覚がバラバラです。
「全然たくさんじゃない!」「少しって言ったのに!」なんてケンカの原因になってしまう程です・・・。

「数量や時間」に関する事柄は「20個くらい」「10分程」と数字を用いて具体的に伝えましょう。

演奏家の方は、演奏家やコンサートを開く際、業者の方や関係者の方と打合せなどがあるかと思います。
アリキヌにご注文いただいた場合は、納期についてのやり取りがございます。
そういった際は「なるべく早めに」ではなく「○日までに」「○時までに」といった具体的な表現をお使い下さい。
スムーズに進むかと思います。

しかし、人間関係や仕事を円滑にするために、あいまいな表現が有効な場合もあるかと思います。
そのためにも、臨機応変に使い分けをしていただきたいと思います。