コーラス隊歌のコンサートチラシデザインのテンプレート

Pocket
LINEで送る

tem0162

かわいいコーラス隊による歌のコンサートのデザインテンプレートです。
地域やサークルの発表会などにもおすすめです。
また、コーラスの団員募集のチラシとしてもご利用いただけます。

サンプルは3人のコーラス隊ですが、人数を減らしたり大きさを変えることが可能です。
その他、書体の変更やお写真の掲載なども出来ますのでお気軽にお問合せください。

テンプレート番号:0162


上記テンプレートを注文する場合は下記フォームにご入力ください。
後ほど、お見積りとチラシ掲載内容のお伺いを当店よりメール送信させていただきます。

■チラシ印刷部数(100枚から)

地図について →
※【地図掲載希望(地図データあり)】支給いただく地図データの解像度が低い場合は、きれいに印刷できません。

■チケット印刷部数

■ポスター サイズ 印刷部数

■パンフレット ページ数 印刷部数

■お名前 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号 (必須)

■郵便番号:※半角入力で住所を自動入力

■都道府県:

■住所:

■番地・建物名など:

■お問合せがあればご記入ください

■以前に当店をご利用いただいた方はチェックをお願いします
※優先的に対応させていただきます
二回目以上の利用です

ゼロベース思考

ゼロ‐ベース(zero-base)とは、物事をゼロの状態・最初からやり直し検討することです。
それを基に、既存の常識や枠組みに囚われず、ゼロの状態で考えることをゼロベース思考といいます。

世の中には様々な常識やシステム、思想、決まり事…といった、これまでの歴史の中で様々な経験を経て確立されてきた枠が存在します。
簡単にいうと世間で「こうするのが当たり前」と言われている様な事です。

日常、仕事や生活において、私達は大抵この枠組みの中で考え行動しています。
大抵のことは、そうすることで解決に向かいます。

しかし、時には解決法が見えない問題にぶち当たることがあります。
そんな時こそ、今まで作られてきた枠組みにとらわれずにゼロベースで物事を考える「ゼロベース思考」が重要となるのです。

では、ゼロベース思考で考えるには具体的にどうすればよいのでしょうか。

そのひとつは、視点を変えること。
人は枠に囚われると、どうしても一方向で物事を考えがちになります。
相手が居るなら、相手の立場に立って考えてみる。
自分自身の問題なら、自分を俯瞰で見てみる。
そういったことが視点を変えるということになります。

他には、自分に制限を設けないということ。
問題に直面した時、「無理だ」「出来ない」とネガティブな感情が湧いてくることもありますよね。
ですが、実はこれその問題自体には「良い」も「悪い」も何のも無いのです。
決めているのは自分の思考。
その証拠に、同じ問題でも「無理だ」と思う人もいれば「逆にチャンスだ」と思う人もいるのです。

このように、自分の思考次第でいくらでも良い方に変化させることが出来ます。

演奏会やコンサートを開く際に、もしかしたら上手くいかない事もあるかもしれません。
何かに立ち止った時、ぜひそのことを思い出してみてください。