星空ピアノコンサートのチラシデザインのテンプレート

Pocket
LINEで送る

tem0167

夜空に浮かぶ雲のステージで、スポットライトに照らされたグランドピアノが優雅な音楽を奏でるイメージの星空ピアノコンサートのテンプレートです。
とてもロマンチックで幻想的なデザインで、演奏会やリサイタル、コンサートにおすすめです。

サンプルはピアノのシルエットですが、ご希望に応じてヴァイオリンやハープなどに変更が可能です。

また、ピアノのシルエットをNo.159の人物シルエットに変更すると、オペラや声楽コンサートのチラシとしてもお使い頂けますのでオススメです。

その他、書体の変更やお写真・地図の掲載なども承りますのでお気軽にお問合せください。

テンプレート番号:0167


上記テンプレートを注文する場合は下記フォームにご入力ください。
後ほど、お見積りとチラシ掲載内容のお伺いを当店よりメール送信させていただきます。

■チラシ印刷部数(100枚から)

地図について →
※【地図掲載希望(地図データあり)】支給いただく地図データの解像度が低い場合は、きれいに印刷できません。

■チケット印刷部数

■ポスター サイズ 印刷部数

■パンフレット ページ数 印刷部数

■お名前 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号 (必須)

■郵便番号:※半角入力で住所を自動入力

■都道府県:

■住所:

■番地・建物名など:

■お問合せがあればご記入ください

■以前に当店をご利用いただいた方はチェックをお願いします
※優先的に対応させていただきます
二回目以上の利用です

ツェルニーの30番

カール・ツェルニー(Carl Czerny ドイツ語: [karl ˈtʃɛrni], 1791年2月21日 ウィーン‐1857年7月15日 ウィーン)は、オーストリアのピアノ教師、ピアニスト、作曲家。
祖先はボヘミア出身のスラヴ人で、苗字の綴りは元はチェコ語: Černy(チェルニー、意味は「黒」)であった。ドイツ語でも発音はチェルニーだが、日本ではツェルニーと発音・表記される事が多い。
Wikipedia-カール・ツェルニー

カール・ツェルニーが作った30曲から成るピアノ練習曲集のことを『ツェルニーの30番』といいます。

日本で一般的にピアノを習い始めて練習する曲といえば、「バイエル教則本」ではないでしょうか。
そのバイエル教則本が終わる頃、110番・100番、30番に入るケースが多く、初中級から中級くらいの練習曲として定着しているそうです。

特に30番が多く、「ツェルニーの30番はピアノが嫌いになる練習曲集」と書いてある本を目にしました。
『過激なタイトルだなぁ・・』と思いツェルニーの30番について調べてみると、なんと私がピアノを辞めた時に習っていた本でした・・・。
習っていたのは小学生の時で、もうずいぶん過ぎるくらい昔のことです。
なんせ『ツェルニー』の名前すら思い出せなかったくらいですので・・・。

確かにバイエルの時は楽しくやっていたはずなのですが、この見覚えのある青い本になると同時にピアノから遠ざかっていきました。

もちろん好きな方もたくさんいらっしゃいますよね。

食べ物の好みの話をするように、練習曲の好みの話をしてみるというのも面白いかもしれませんね。