レトロでおしゃれな演奏会チラシを作成しました

Pocket
LINEで送る

レトロでおしゃれな演奏会のチラシ
レトロでおしゃれな演奏会のチラシ

レトロでおしゃれな演奏会チラシを作成しました。
しっとりとした落ち着きや渋さを感じられる、大人の雰囲気漂うデザインテンプレートです。

カッコ良さと色気を出すため、黒色とバラの赤色をデザインのアクセントにいたしました。
さらに、レトロ感を出すためにグランジのテクスチャを重ねております。

男女問わずお使いいただけるデザインで、ジャズコンサートやダンスコンサートなどのチラシとしてもおすすめです。

テンプレートには楽器や人物写真の掲載も可能です。
写真の画像データをメールで添付いただければ結構です。

お写真を使用される際は、デジタルカメラ等で撮影した300dpi~350dpi程度の高解像度の画像データをお送りください。
解像度が低い画像は、印刷すると粗くぼやけた仕上がりとなってしまいますのでご注意願います。

テンプレート番号:0233

上記テンプレートを注文する場合は下記フォームにご入力ください。
後ほど、お見積りとチラシ掲載内容のお伺いを当店よりメール送信させていただきます。

■チラシ印刷部数(100枚から)

地図について →
※【地図掲載希望(地図データあり)】支給いただく地図データの解像度が低い場合は、きれいに印刷できません。

■チケット印刷部数

■ポスター サイズ 印刷部数

■パンフレット ページ数 印刷部数

■お名前 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号 (必須)

■郵便番号:※半角入力で住所を自動入力

■都道府県:

■住所:

■番地・建物名など:

■お問合せがあればご記入ください

■以前に当店をご利用いただいた方はチェックをお願いします
※優先的に対応させていただきます
二回目以上の利用です

演奏会の集客チラシデザインについて

毎年、コンサートホールやイベント広場、公民館や病院など、あちらこちらで数多くの演奏会やコンサートが開催されています。
収益をあげるためだけでなく、チャリティーやボランティアなど、開催する目的は様々です。

しかし、いずれの目的にしても、一番重要なのは集客ではないでしょうか。
演奏する人(演奏者)と聞いてくれる人(観客)がいてこそ、イベントも成り立ちます。

そして、集客の第一歩は、『まず知ってもらうこと』です。
主な広報活動方法といえば、インターネット(ブログ・ホームページ・フェイスブック・ツイッターなど)チラシ・ポスターなどが挙げられます。

今回は、中でもチラシについて、具体的には演奏会やコンサートの集客チラシデザインについて考えてみたいと思います。

チラシを作成する際、開催場所・日時・プログラム(曲目)・チケットの申し込み先・問い合わせ先といいった基本情報がわかりやすく掲載されていることが大切です。

人は難しさや複雑さを嫌う傾向がございますので、わかりにくいチラシというのはあまり反響が期待できません。

そして、演奏家の方や広報担当の方に頑張っていただきたいのは、一般の方に『ちょっと聞きにいってみようかな』と思っていただけるような演奏会やコンサートのコンセプトや売り・価値をアピールすることです。

たとえば、ゲームの曲(BGM)ばかりを特集して『来たれ!ゲームオタク!』なんていうコンサートも面白いかもしれません。

タイトルでズバリ表現していただいても結構ですし、キャッチコピー、奏者の肩書きでも構いません。

あとは、写真です。
写真があると、チラシの出来映えがグッと良くなります。

もしかしたら、『こんな美人が出るなら行ってみよう』『こんなイケメンが演奏するなら聞きに行こうかな』なんていうことが起こるかもしれませんしね。

『自分の顔を載せるのは抵抗がある・・・』という方は、過去におこなわれた演奏会の風景を映した写真でも良いかと思います。
演奏しているカットですと、カメラ目線ではないので抵抗も和らぐのではないでしょうか。

写真は、文字では伝えきれない情報を伝えることができます。

少しの工夫で反響に大きな効果が出る場合もございます。
ぜひ、集客を意識したチラシ作りに取り組んでみてください。