杉本 果凜 ヴァイオリン リサイタル

Pocket
LINEで送る

杉本 果凜 ヴァイオリン リサイタル チラシ(表)
杉本 果凜 ヴァイオリン リサイタル チラシ(表)

杉本 果凜 ヴァイオリン リサイタル チラシ(裏)
杉本 果凜 ヴァイオリン リサイタル チラシ(裏)

杉本 果凜 ヴァイオリン リサイタル チケット
杉本 果凜 ヴァイオリン リサイタル チケット

杉本 果凜 Karin Sugimoto
ヴァイオリン リサイタルのご案内です。

開催日:
2019年10月6日(日)

開催時間:
開演14:00
開場13:30

会場:
紀尾井町サロンホール
東京都千代田区紀尾井町3-29 紀尾井町アークビル1F

チケット料金:
1,000円 (全席自由)

プログラム:
モーツァルト ヴァイオリンソナタ K.304
ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ 第4番 作品 23
三瀬 和朗 「雲と遊ぶ」 ヴァイオリンとピアノのための
サラサーテ アンダルシアのロマンス
ヴィエニャフスキ スケルツォ・タランテラ

出演:
ヴァイオリン 杉本 果凜
ピアノ 大須賀 恵里

【杉本 果凜 Karin Sugimoto】
音楽歴(学歴、演奏活動など)
東京生まれ。2歳から台湾で育つ。4歳からヴァイオリンを始める。王朝永、洪寅洲、Tracy Janis Tu の各氏に師事。2010年、NAGANO国際音楽祭のマスタークラスに参加。2011年、その年の最年少(8歳)でミュージック・アカデミーin宮崎のオーディションに合格し、マスタークラスに参加。その年の夏に帰国し、現在まで佐々木歩氏に師事。帰国年の蓼科クロ イツエル音楽祭のマスタークラスに参加し、現在まで、当講習会に 5回(2016年から信州クロイツエル音楽村と改名)参加。2012年4月から2019年5月まで桐朋子供のための音楽教室(仙川教室)に在籍。中等部の副科で三瀬和朗氏に作曲を学び、中学3年時、自作のヴァイオリン曲を発表した。高等部からは個人的に三瀬氏に師事し、和声を学びつつ、作曲の勉強をし、現在まで4曲作曲している。2014年、2015年にはプラハサマーアカデミーに参加し、2015年には最年少で選ばれてファイナルコンサートに出演。洗足室内楽フェスティヴァルには2016年から2018年まで毎年参加、室内楽のレッスンを受け、受講生発表会に出演。2015年、MECP Xmas Concert 2015で演奏、2017年には初リサイタルを開いた。またその年、ティアラこうとう大ホールで開かれたチャリティコンサートでも演奏した。これまで、ジャン=マルク・フィリップ=ヴァルジャベディアン、バベル・クデラーク、イヴァン・ジェナティ、景山誠治、景山裕子、千々岩英一、各氏マスタークラスに参加。学業のほうは、台湾での、アメリカンスクールなどを経て、International School of the Sacred Heart に編入し、高等部からはUniversity of Nebraska High Schoolでホームスクーリングをして、現在12年生である。

受賞歴
2010年 NAGANO 国際音楽祭ヴァイオリンコンクール 小学生の部 第2位
2015年 第8回国際ジュニア音楽コンクール E部門(中学生)第3位

【大須賀 恵里 Eri Osuka】
桐朋学園大学音楽学部卒業。蓼科高原音楽祭賞を受賞。寺西昭子、高野耀子、室内楽をクリスチャン・イヴァルディ各氏に師事。国内外の著名演奏家と数多く共演する他、R.パスキエ、J-Pヴァレーズ、W.マシュナー、G.プーレ、S.ルセフなど著名ヴァイオリニストのマスタークラスのピアニストを務め、室内楽ピアニストとして第一線で活躍。95年に始めた「大須賀恵里ピアノ室内楽演奏会」は好評を博し、2005年公演はCD発売された。桐朋学園大学音楽学部弦楽科嘱託演奏員、国立音楽大学声楽科伴奏助手歴任。10年夏よりVn景山誠治、景山裕子と共に蓼科クロイツェル音楽祭(16年より信州クロイツェル音楽村)を主宰。11年元ウィーンフィルコンサートマスターのダニエル・ゲーデとモーツァルトソナタ、15年上原正敏(Ten)と、おとなのための童謡曲集「赤い靴」CDをリリース。13年~15年Andiamo(共に歩もう!の意味)大須賀恵里ピアノ室内楽演奏会全3回シリーズを開催し、いずれも音楽専門誌上で最大級の評価と大きな反響を呼び、16年九州筑豊、水戸佐川文庫、17年東京浜離宮朝日ホールにて 若手演奏家支援を内容の軸とした「Andiamo Part 2」ピアノ室内楽演奏会シリーズを新たにスタート。17年1月よりFM 川口「E-friends~世界に羽ばたく音楽家たち~」(毎週土・日朝7時~8時&夜11時~再放送)ラジオのパーソナリティを務める。

上に戻る